会社概要 - ユーロフィン
Eurofins Japan >> ユーロフィン分析科学研究所株式会社 >> 会社概要

会社概要

Sidebar Image
社名 ユーロフィン分析科学研究所株式会社

Eurofins Analytical Science Laboratories, Inc.(E-ASL)

資本金 3億円
代表者 代表取締役社長 上松 亮一
設立 1996年4月1日
従業員 145名(2019年12月1日付)

事業内容

・医薬品分析(原薬・製剤等)
・各種研究支援業務
・臨床試験支援(治験薬関連試験検査)
・生産業務支援
・申請業務支援

所在地

〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町93(京都リサーチパーク内)

最寄り駅:JR嵯峨野線 丹波口駅より徒歩5分

     阪急京都線 西院駅より徒歩20分

 

 

会社沿革

1996年4月 藤沢薬品工業株式会社の100%出資会社として
株式会社分析科学研究所設立(大阪市)
2005年4月 藤沢薬品工業株式会社・山之内製薬株式会社の合併に伴い、
アステラス製薬株式会社の100%出資会社に変更
後に、アステラス分析科学研究所株式会社に社名変更
2016年1月 京都リサーチパーク(京都市内)に移転
2018年11月 ユーロフィングループへの事業譲渡に伴い、
ユーロフィン分析科学研究所株式会社に社名変更

 

部門紹介

ユーロフィン分析科学研究所では、それぞれの開発ステージに適した分析法の開発およびバリデーションを実施し、医薬品原料、原薬及び各種製剤に対して、GMP品質マネジメント体制下での品質試験や安定性試験等の分析サービスを提供することで、高品質な医薬品の開発・製造をサポートします。

経営統括部

経営戦略、経理、営業といった経営管理業務を実施しています。

人事・総務グループ

新卒・キャリア採用、人事企画、労務管理、総務業務を実施しています。

分析研究第1部

分析研究第1部は、分析1G(グループ)、分析2G及び標準品Gがあります。分析1Gと分析2Gでは、低分子医薬品の受託試験を実施しています。標準品Gでは、標準品の調達から、保管、品質試験、提供までと包括的にサポートします。

分析研究第2部

分析研究第2部は、分析1Gと分析2Gがあります。分析1Gでは、バイオ医薬品に関する各種品質試験を実施しています。分析2Gでは、試験法開発、微生物学的試験、異物分析及び製剤解析をを実施しています。

品質保証部

試験計画の立案から、実施、報告までの各プロセスについて、GMPに準拠した品質保証を実施しています。また、GMPに基づいたサンプルの保管、施設・機器・システムの管理を実施しています。

*:Good Manufacturing Practice

 

電子公告

貸借対照表(2019年3月期)