分析・試験項目 >> その他の分析項目 >> GMO検査

GMO検査 (遺伝子組換え作物の検査)

Sidebar Image

ユーロフィンでは、GMO (遺伝子組換え作物) に関する様々なサービスを提供しています。最先端技術を用いたGMO検査や、free-GMO認証、IP認証など、世界のGMO分析業界をリードしています。
GMOは、国ごとに認可品種が異なるほか、食品ラベルの表示義務対象であったり、許容基準が国によって異なっているなど、原料、製品の輸出入の際には特に注意が必要です。ユーロフィンでは、サンプルの種類、用途、輸出先によって最適な検査パッケージをご提案しています。ぜひご相談ください。

各国のGMO表示規制
 

EU

日本

米国

オーストラリア

韓国

義務表示の対象 組成、栄養価等が従来のものと著しく異なるもの
DNAやたんぱく質が残存するもの -
DNAやたんぱく質が残存しないもの - - - -
表示が免除される意図しない混入率 0.9%未満 5%以下 - 1%未満 3%未満

GMO検査には DNAレベルでのPCR法とタンパク質レベルで実施するELISA法があり、正確性、特異性の高い PCR法を用いた検査が主な手法となっています。国内で認可されている GM種のほか、海外で流通しているGM種や未認証の品種まで幅広く対応しています。

検査対応作物 : 大豆、ともうろこし、なたね、ワタ、米、パパイヤ、てんさい、ポテト、アマ

ユーロフィンでは目的に応じて、以下の分析手法で検査を実施しています。

  対象 方法
スクリーニング検査 遺伝子組換えに使用される共通の特異領域を検出することにより遺伝子組換え体の有無を確認 リアルタイムPCR
定性検査 GM種の同定 リアルタイムPCR
定量検査 GM種の定量 リアルタイムPCR

スクリーニング検査では、 GMOの検出として一般的な35Sプロモーター、CMV、 NOSターミネーター領域を検出する方法の他に、作物ごとに最適なスクリーニングパッケージをご用意しています。上記指標のみでは検出が難しい GMO種に対しても網羅的にスクリーニングを行うことが可能です。

依頼書のダウンロード
食品分析依頼書 [XLS 51 Kb]

依頼書にご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

お問合せ・試料送付先
ユーロフィン・フードアンドプロダクト・テスティング株式会社
〒236-0003 神奈川県横浜市金沢区幸浦2-1-13
TEL:045(330)3004 FAX:045(330)0021