韓国政府による輸入食品の放射能安全検査強化について【環境領域】 - ユーロフィン
Eurofins Japan >> 最新情報 >> 韓国政府による輸入食品の放射能安全検査強化について

韓国政府による輸入食品の放射能安全検査強化について

ジェトロ(日本貿易振興機構)HPに韓国政府による輸入食品の放射能安全検査が2019年8月23日より強化される旨、発表されました。

 

 

 

ユーロフィン日本総研株式会社 福島分析センターは、農林水産省の定める「諸外国に輸出される食品にかかる放射性物質検査機関一覧」

に登録されており、韓国、台湾などへ輸出する食品についての放射能検査実績が多数ございます。

 

 

また廃プラや鉄くずなど、日本からの輸入廃棄物についても韓国、ロシアでは放射能検査が求められています。

 

食品同様に、廃プラ、鉄くずなどの韓国向け輸出品についても、放射能分析実績が多数ございます。

是非、お気軽にお問い合わせください。

 

 

ユーロフィン日本総研株式会社 福島分析センターでは、放射能・放射線に関する分析業務を承っております。

詳細は、以下よりご確認ください。

 

今後も皆様に有益な情報を随時更新して参ります。

 

 

・その他の情報

環境分析食品分析製品分析最新情報会社概要eurofins japan home

 

・本件に関する お問い合わせ・ご依頼

お問い合わせ
お問い合わせの際は「輸入食品の放射能安全検査強化問い合わせ」と明記をお願い致します。

 

 

 

 

 

お問い合わせ 放射能・放射線

ユーロフィン 採用情報

eurofins careers

 

グループ紹介 インタビュー

Interview

 

韓国輸出向け放射能検査

eurofins 海外輸出の食品分析は、世界中で圧倒的シェアを誇るユーロフィンにお任せください

eurofins RoHS指令/グリーン調達対応のためのフタル酸エステル試験は、世界的分析機関であるユーロフィンにお任せ下さい

eurofins アスベスト分析は、世界中で圧倒的シェアを誇るユーロフィンにお任せ下さい