環境モニタリング試験 - ユーロフィン
Eurofins Japan >> アグロ分析 >> 環境モニタリング試験

環境モニタリング試験

河川水

使用した農薬が公共水域に流出又は飛散することによって、環境大臣の定める基準値を越える場合(※1)には農薬登録ができません。

弊社では水質汚濁に係る農薬登録基準に対応し、8147局長通知及び3986課長通知に準拠したモニタリング試験地域の選定、試験計画の策定、現地調査(サンプリング)及び分析を全国対応で行います。

 

※1:公共水域における濃度は水濁PECによって算出できますが、既登録剤については、モニタリング結果で得られた農薬流出率に基づき算出した水濁PEC、または、河川における農薬濃度のモニタリング結果を評価に用いることができます。

 

 

大気(圃場,工場,家屋等)、土壌(水田,畑地,底質等)、ゴルフ場及び作業者等暴露

上記についても調査を受託実施致します。

 

 

・その他の情報

アグロ分析

 

・環境モニタリング試験 お問い合わせ

お問い合わせ アグロ分析

株式会社化学分析コンサルタント

株式会社化学分析コンサルタント

〒174-0041 東京都板橋区舟渡1-7-3

(化学分析コンサルタントは2017年8月よりユーロフィングループに加わりました)

 

お問い合わせ アグロ分析

ユーロフィン 採用情報

eurofins careers

 

グループ紹介 インタビュー

Interview

 

韓国輸出向け放射能検査

eurofins 海外輸出の食品分析は、世界中で圧倒的シェアを誇るユーロフィンにお任せください

eurofins RoHS指令/グリーン調達対応のためのフタル酸エステル試験は、世界的分析機関であるユーロフィンにお任せ下さい

eurofins アスベスト分析は、世界中で圧倒的シェアを誇るユーロフィンにお任せ下さい