物理化学性試験 - ユーロフィン
Eurofins Japan >> アグロ分析 >> 物理化学性試験

物理化学性試験

物理化学性試験

農薬の有効成分等の性状、安定性、分解性等農薬の安全性評価に当たって必要不可欠な基礎的科学的知見を得ることを目的として行われる試験です。

また、環境中での動態を推測するのに重要な指標としても利用されます。

「農薬取締法」及び「登録制度」を基に、登録の申請をする際、提出が求められる試験項目です。

 

 

土壌吸着性試験 

土壌吸着性に関する試験(2-9-10)及びOECDテストガイドライン106に準拠して実施し、土壌における農薬の 吸着挙動を予測する目的から、被験物質及び火山灰土壌を含む 4種類以上の異なるタイプの土壌を用いて、25℃におけるフロイントリッヒ吸着等温式による、吸着係数と有機炭素吸着係数及び土壌吸着平衡定数を求めます。

 

 

・その他の情報

アグロ分析

 

・物理化学性試験 お問い合わせ

お問い合わせ アグロ分析

株式会社化学分析コンサルタント

株式会社化学分析コンサルタント

〒174-0041 東京都板橋区舟渡1-7-3

(化学分析コンサルタントは2017年8月よりユーロフィングループに加わりました)

 

お問い合わせ アグロ分析

ユーロフィン 採用情報

eurofins careers

 

グループ紹介 インタビュー

Interview

 

韓国輸出向け放射能検査

eurofins 海外輸出の食品分析は、世界中で圧倒的シェアを誇るユーロフィンにお任せください

eurofins RoHS指令/グリーン調達対応のためのフタル酸エステル試験は、世界的分析機関であるユーロフィンにお任せ下さい

eurofins アスベスト分析は、世界中で圧倒的シェアを誇るユーロフィンにお任せ下さい