Eurofins Japan >> 食品分析 >> 真正分析

真正分析

Sidebar Image

真正分析とは食品についてその真偽を判別する試験です。たとえば、原料に混ぜ物がないか、ラベルに表示されている産地や銘柄が正しいかどうかなどを判定します。

真正分析の種類
天然品の判別

 対象:オリーブオイル、はちみつ、果汁、ワイン、魚など

 分析例:

  • 果汁: 果実の特定、砂糖・水・着色料・香料・その他添加物の検出
  • ハチミツおよびメープルシロップ: 砂糖・水・着色料・香料・その他添加物の検出
  • ワイン: 加糖、補糖(chaptalisation)、グリセロールの添加、グリセロールによる希釈、発泡製品の工程確認
  • ビール、スピリッツ: 水、砂糖、香料の添加の判定、アルコールの原材料となる作物の管理、 (法規制や、商品の規格に従って判定を行います)
  • フレーバー類: フレーバーが天然か合成かの判定 (バニリン、アニシード、ビターアーモンド、シナモン、リナロール等)
  • カフェイン: コーヒー、お茶、ガラナ中に含まれるカフェインが天然由来かの判定
  • 乳製品: 脂肪、乳糖、カゼイン、香料(フルーツフレーバーやバニリンなど)の添加の有無の判定、主要な飼料(牧草かとうもろこしか)の判定
  • 水産製品: 養殖品の判定

 ユーロフィングループは真正分析手法のひとつであるSNIF-NMRR技術(特許取得済み)を上市するために1987年に創設され、以後食品の真正分析において世界をリードしてまいりました。

 一般的に真性の判定はIRMSを用いた安定同位体比率の測定で行いますが、ユーロフィンではIRMSに加えて、※SNIF-NMR Rと呼ばれる手法を用いることで、より正確な真正の判定を可能にし、天然物への合成品の添加を検知する方法としては最も信頼性の高い方法をご提供しております。

 (※SNIF-NMRR =Site Specific Natural Isotope Fractionation Studied by Nuclear Magnetic Resonance 位置特異的天然同位体のNMR分別分析)

生物種・品種の判別

 対象:コメ品種、植物種、魚種、肉種など

 分析例:

  • 畜産製品: 動物種の確認、21項目一斉肉種判別試験(New)
  • 水産製品: 種の特定、天然品の判定
  • 穀物類: 品種の確認
  • バスマティ米: 混合米中のバスマティ米の定量
  • コメの品種判別検査:国内の米150品種へ対応
  • 高級ハーブ類の真正判定 

 詳しくはこちら

産地の判別

 対象:コメ、植物、魚、肉、果汁、ワインなど

依頼書のダウンロード

依頼書にご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

お問合せ・試料送付先
ユーロフィン・フードアンドプロダクト・テスティング株式会社
〒236-0003 神奈川県横浜市金沢区幸浦2-1-13
TEL:045(330)3004 FAX:045(330)0021