Eurofins Japan >> 食品分析 >> 放射性物質検査

放射性物質検査

Sidebar Image
食品・飲料水の安全のために。正しい情報の開示をお手伝いします!

 福島第一原子力発電所事故の発生に伴い、周辺地域の農産物や飲料水への放射能汚染への関心が高まっています。このような問題には発電所周辺地域という理由だけでその生産地の全ての食品が安全ではないという風評被害が広がることが懸念され、私たち消費者には正確な情報に基づく冷静な行動が求められます。

弊社では、平成24年3月15日付け「食品中の放射性物質の試験法について」(食安発0315第4号)に基づいた放射能検査を実施しています。

放射能検査のご案内
ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析
測定方法 ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析
測定項目 放射性ヨウ素(ヨウ素131)、放射性セシウム(セシウム134,137)
必要試料量 2kg (量が不足する場合は、ご相談ください)
検査料金 お問合せ下さい
検査期間 試料受領後翌日起算3営業日(別途、短納期にも対応致します)
放射能・放射線 関連情報

■■食品中放射性セシウム基準値■■

第1欄 第2欄 第3欄
飲料水 ミネラルウォーター類(水のみを原料とする清涼飲料水) 10Bq/kg
飲料茶(茶を原料とする清涼飲料水及び飲料に供する茶 ※1)
牛乳 乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(昭和26年厚生省令第52号)第2条第1項に規定する乳及び同条第40項に規定する乳飲料 50Bq/kg
乳児用食品 乳児の飲食に供することを目的として販売する食品 50Bq/kg
一般食品 上記以外の食品 ※2 100Bq/kg

※1 飲用に供する茶については、原材料の茶葉から浸出した状態に基準値を適用。
※2 乾しいたけ、乾燥わかめなど原材料を乾燥し、通常水戻しをして摂取する乾燥きのこ類、乾燥海藻類、乾燥魚介類、乾燥野菜については、原材料の状態と水戻しを行った状態に基準値を適用。また、食用こめ油の原材料となる米ぬか及び食用植物油脂の原材料となる種子については、原材料から抽出した油脂に基準値を適用。

ユーロフィン・フードアンドプロダクト・テスティング株式会社は農林水産省の「輸出食品等に対する放射性物質に関する検査の実施機関」ならびにジェトロの「日本から輸出される物品の放射線検査機関」掲載されております。
農林水産省 : 輸出食品等に対する放射性物質に関する検査の実施機関について
日本貿易振興機構(ジェトロ) : 日本から輸出される物品の放射線検査機関について

厚生労働省:東日本大震災関連情報(食品関係)
農林水産省:福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響

依頼書のダウンロード

依頼書にご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

お問合せ・試料送付先
ユーロフィン・フードアンドプロダクト・テスティング株式会社
〒236-0003 神奈川県横浜市金沢区幸浦2-1-13
TEL:045(330)3004 FAX:045(330)0021