分析・試験項目 >> その他の分析項目 >> トランス脂肪酸分析

トランス脂肪酸分析

Sidebar Image

弊社では2011年2月に消費者庁より出された「トランス脂肪酸の情報開示に関する指針について」に提示されているAOACインターナショナル(AOACI) AOAC 996.06(注)に準拠した分析を実施しています。

トランス脂肪酸は、油脂の加工過程で生じ、マーガリンやショートニングなどの油脂とそれらを原料として製造された食品、加工油脂で揚げたフライなどに含まれていることが確認されています。このトランス脂肪酸の過剰摂取が、悪玉コレステロールといわれるLDLコレステロールを増加させ、善玉コレステロールといわれるHDLコレステロールを減少させるので、動脈硬化・心臓疾患・ガン・免疫機能・認知症・不妊・アレルギー・アトピーなどへの悪影響が報告されています。このため、消費者庁は2011年2月に「トランス脂肪酸の情報開示に関する指針」を発表し、含有量の表示に向けた活動を実施しています。

依頼書のダウンロード

依頼書にご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

お問合せ・試料送付先
ユーロフィン・フードアンドプロダクト・テスティング株式会社
〒236-0003 神奈川県横浜市金沢区幸浦2-1-13
TEL:045(330)3004 FAX:045(330)0021