製品分析 >> 各種情報 >> 製品分析の特徴

製品分析の特徴

Sidebar Image
グリーン調達分析の3つの特徴
特徴その1 ~確かな分析精度~
日本で初めてRoHS指令全6項目のISO/IEC17025を取得しました!

弊社は日本国内で初めてRoHS指令の6物質(カドミウム、鉛、水銀、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ビフェニルエーテル)、及び ELV指令の4物質(カドミウム、鉛、水銀、六価クロム)について、(財)日本適合性認定協会(JAB)より ISO/IEC17025(試験所認定)の認定を受けました。

当社は1990年代よりポリ臭化ビフェニル(PBBs)をはじめとする極低濃度の環境ホルモン物質の分析に取組んでいる数少ない企業の一つです。これらの経験を生かし、現在は、 RoHS/ELV以外にも、その他臭素系難燃剤の一つであるトリブロモフェノール(TBP)・テトラブロモビスフェノールA( TBBPA)・ヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)やパーフルオロオクタンスルホン酸( PFOS)・ヘキクロロモベンゼン(HCB)・多環芳香族炭化水素(PAH)などまだ公定法の存在していない JIG化審法(特化物)PoHS(ノルウェー版RoHS指令)に指定された物質の分析を行っています。

財団法人 日本適合性認定協会(JAB):ISO/IEC17025認定 掲載ページ

特徴その2 ~実 績~

弊社ではこれまで、セットメーカー様からは蛍光X線による受入検査で検出された試料の精密分析、部品・素材メーカー様からは不使用証明書に使用するエビデンスとしての精密分析を中心に、 グリーン調達関連分析に於いて数多くのご依頼を頂いております。特に、加速試験を含むEN15025法やLIS AO25法による六価ロム分析、GC/MS法によるPBB/PBDEやその他臭素系難燃剤分析について好評を頂いております。また下記の通り、積極的な社外発表を行うほか、業界紙にも紹介されています。
・発表例(その他、多くの社外発表実績があります。発表内容の詳細が必要な方はご連絡下さい。)

日 付 発表先 社外発表タイトルなど
2004年6月 パーキンエルマー主催 
分析技術シンポジウム2004
家電・電子部品用樹脂中の
PBB,PBDEの分析
2004年11月 平成16年度 日環協・
環境セミナー全国大会
高質量四重極型GC/MSを用いた
PBBs、PBDEsの定量
2005年6月 クロマトグラフィー科学会 各種工業材料中のアウトガス
分析方法の検討
2006年5月 アジレントテクノロジーズ㈱
ICP-MSセミナー
ICP-MSによるRoHS/WEEE対応と
半導体アプリケーション
2006年9月 (社)日本分析化学会第55回年会 材料中のヘキサクロロベンゼン分析
2007年5月 (社)日本分析化学会第68回
分析化学討論会
HBB中のPBBの定量
材料中のフタル酸エステル類分析
2007年9月 (社)日本分析化学会第56回年会 材料中の有機ハロゲン物質の分析 
㈱デンソー様、中部大学様、
㈱豊田中央研究所様との共同発表
2008年5月 (社)日本分析化学会第69回
分析化学討論会
電子機器からのVOC放散量の検討試験
RoHS/ELV指令に係る六価クロム
抽出方法の検討矢崎総業㈱様との
共同発表
特徴その3 ~カスタマーサービス~

弊社の営業窓口は分析を実施しているラボの業務課が直接担当しております。このため、納期や価格のお問い合せに限らず、技術的な質問にも迅速に対応致します。その他にも、グリーン調達分析のメルマガであるグリーン調達分析ニュースの無料配信やラボ見学なども承っております。

ニュースレター

RoHS/ELV指令などのEU指令を中心に化学物質の法令動向、分析方法の動向などをお伝えしているレターを不定期発行しています。ご希望の方は、下記までご連絡下さい。

ラボ見学

グリーン調達分析を行うラボ

グリーン調達関連物質の分析を実施している弊社ラボの見学を承っています。

ご依頼・お問い合わせ
ユーロフィン・フードアンドプロダクト・テスティング株式会社 

 TEL:045-780-3831  FAX:045-330-0021
 Email: infojp_pt@eurofins.com

 〒236-0003
 神奈川県横浜市金沢区幸浦2-1-13
 ユーロフィン・フードアンドプロダクト・テスティング株式会社
 製品営業担当