製品分析 >> 分析・試験項目 >> REACH (SVHC)

REACH (SVHC) Eurofins

Sidebar Image
REACH関連サービス
REACH規則でお困りの方!
分析から登録までの総合支援によりお悩みを解決します!!

私たちはグローバルなサービスプロバイダとして、REACHに関するあらゆる分析、テストを実施し、総合的なサービスのご提供をいたします。経験豊かな科学者とレギュラトリースペシャリストが、お客様の各ステップに応じたあらゆるニーズにお応えいたします。

REACH高懸念物質(SVHC)の分析をご希望のお客様

REACH登録に関するサービスをご希望のお客様

REACH規則の貴社適応への判断
貴社製品が規制の対象となるか否か

御社にて製品を製造または販売しており、それら製品がEU加盟国に対して輸出されている場合は規制の対象となる可能性があります。御社が直接、輸出していない場合でもサプライチェーンにより、該当事業者より情報提供を求めれるケースがあります。ただし、REACH適応の対象外は除外またEU圏内での製造、販売の場合も対応が異なります。

言葉の定義

REACH規制では用語も明確に定義されています。たとえば、製品は物質、混合物、成形品というかたちで捉えられ、対象となるものは物質そのもの、混合物中の物質、成形品中に存在する物質となります。
  物質: 化学元素および何かしらの製造工程により得られた化合物を示します。
  混合物: 2つ以上の物質から構成される混合物を示します。
  成形品: 形状、表面、デザインが化学組成よりも大きく機能を決定する物体を示します。

要求される責務

要求される義務として次の4つがあり、製造、輸入量によって区分されます。

1) 登録の義務
EU圏内で製造まはた輸入する物質の総量が1年間で1tを超える場合は登録が必要です。
成形品の場合は成形品中に存在する物質が意図的に放出され、なおかつ、成形品中の含有量が1年間で1tを超える場合に登録が義務付けられます。

2)許可申請の義務(届出)
認可対象物質を製造、輸入する場合、および物質を許可以外の条件にて使用する場合は、総量に限らず許可申請が必要となります。また、形成品の場合は認可対象候補物質(SVHC)が1年あたり1t以上存在する場合、かつ、重量パーセンテージあたり0.1%を超えて存在する場合は届出が必要となります。

3)使用制限の義務
appendixⅩⅦ(付属書)で定められる規制対象物質は指定された制限条件での使用、製造、上市が禁止されています。

4)情報伝達の義務
危険な物質については、川下ユーザーへ情報(安全性データシート:SDS)を伝達する義務があります。また成形品に関しては、認可対象候補物質(SVHC)が重量パーセンテージあたり0.1%を超えて存在する場合に、利用者に対して、当該製品の安全に関して安全使用の条件を示した情報を伝達する義務があります。

REACH対応一覧

 各情報の取得に必要な評価は、表中のリンク先を参照ください

総量(製造・輸入)
:単位 t/year \ 債務
~1
1~10
10~100
100~1000
1000
既存物質
新規物質
登録 物質・
混合物中物質
技術一式文章 不要 必要
危険有害性情報 物理化学的性状 必要 必要 必要 必要
毒性学的情報 不要 必要 必要 必要 必要
生物学的情報 必要 必要 必要 必要
化学品安全性報告書 不要 必要
既存物質の
登録猶予期限
- 2018年
5月31日
- 2018年
5月31日
期限切れ 期限切れ
成形品
中物質
意図的放出あり 不要 登録必要
届出 認可対象候補物質(SVHC)
重量比0.1%含有
届出必要
認可 appendixⅩⅥ(付属書)に記載された物質について、用途ごとの許可があれば使用可能
制限 appendixⅩⅦ(付属書)に記載された物質について、上市・使用を制限
情報伝達 危険な物質、PBT、vPvB、SVHCなどの場合、SDSや成形品の安全使用条件などを提供、その他は登録番号を提供

  

REACH規制 参考リンク

 経済産業省:REACH(欧州化学品規制)について
 環境省:REACH関連情報

ご依頼・お問い合わせ
ご依頼方法

 下記ページへアクセスのうえ、ご依頼方法をご確認ください。 
      ご依頼方法のページへ

REACHに関するするお問い合せ

 TEL:045-780-3831  FAX:045-330-0021
 Email: infojp_pt@eurofins.com