Eurofins Japan >> 環境分析 >> 大気測定

大気測定(環境基準項目、有害大気汚染物質)

Sidebar Image
大気測定/大気汚染調査

有害大気汚染物質について、PRTRやISO14000の観点から自主測定するケースも増えてきています。大気測定/大気汚染調査は豊富な分析実績を持つ当社にぜひお任せください。

有害大気汚染物質 管理の経緯

「大気汚染防止法の一部を改正する法律」(H9.4.1施行)により、大気中に存在する多種多様の化学物質による 発ガン等のリスクを未然に防止しようという取り組みが、本格的に行われています。
中央環境審議会から特 にリスクの高い物質として「優先取組物質(22物質)」が答申されました。これを受けて平成9年度には、ベンゼ ン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ダイオキシン類の4物質が既に対策が必要な汚染レベルにある と判断され、「指定物質」として相次いで環境基準(又は指針値)、指定物質抑制基準が定められました。
こ れら有害大気汚染物質の測定には、極微量分析に対する高度な技術とトラベルブランク、二重測定等の徹底した精 度管理が要求されます。ユーロフィンは長年の実績と先進の技術でこの要求にお答えします。大気測定/大気汚染調査 は豊富な分析実績を持つ当社にぜひお任せください。

アクリロニトリル テトラクロロエチレン
アセトアルデヒド トリクロロエチレン
塩化ビニルモノマー ニッケル化合物
クロロホルム ヒ素及びその化合物
クロロメチルメチルエーテル 1,3-ブタジエン
酸化エチレン ベリリウム及びその化合物
1,2-ジクロロエタン ベンゼン
ジクロロメタン ベンゾ[a]ピレン
水銀及びその化合物 ホルムアルデヒド
タルク(アスベスト様繊維を含むもの) マンガン及びその化合物
ダイオキシン類 六価クロム化合物

 
環境基準 (平成9年環告4号)
物  質基  準
ベンゼン 1年平均値が0.003mg/m3以下
トリクロロエチレン 1年平均値が0.2mg/m3以下
テトラクロロエチレン 1年平均値が0.2mg/m3以下
ジクロロメタン 1年平均値が0.15mg/m3以下

 
指定物質抑制基準
物  質基  準
ベンゼン 平成9年環告5号、環告6号
トリクロロエチレン 平成9年環告5号、環告6号
テトラクロロエチレン 平成9年環告5号、環告6号
ダイオキシン類 平成9年環告26号、環告27号

 
VOCs測定

揮発性有機化合物(VOCs)測定には精度、対象物質の拡張性に定評のあるキャ二スタ-採取-GC/MS法を採用しま した。優先取り組み物質中アクリロニトリル、塩化ビニルモノマ-、クロロホルム、ジクロロメタン、1,2-ジクロ ロエタン、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、1,3-ブタジエン、ベンゼンの9物質が同時測定可能です 。また、キャニスターには極性物質の回収率に優れる内面フェーズドシリカコーティングを採用。有害大気汚染物 質以外にも光化学スモッグの原因とされる非メタン炭化水素等幅広いニーズに応えるシステムを保有していますの で、お気軽にご相談ください。

使 用 装 置
キャニスタ- レスティック社製"Silicocan"6L
(内面フェースドシリカコーティング)
大気濃縮装置 Tekmar社製  AUTOCan
ガスクロマトグラフ パーキンエルマー社製 AutoSystem
質量分析計 パーキンエルマー社製 TurboMass

 

▲大気濃縮装置
ガスクロマトグラフ質量分析計
▲ガ スクロマトグラフ質量分析計

 

キャニスターで測定できる物質の例
炭化水素類 エタン、プロパン、ブタン、ヘキサン、オクタン、デカン
有機ハロゲン化合物 塩化メチレン、クロロホルム、四塩化炭素、塩化ビニルモノマー、1,2-ジクロロエタン、トリクロロエチレン
含酸素化合物 エタノール、プロパノール、ブタノール、ヘキサノール、オクタノール、ジエチルエーテル
炭化水素類 ベンゼン、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、ナフタレンなどC2~C10程度の炭化水素類
有機ハロゲン化合物 テトラクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、1,2-ジブロモエタン、クロロベンゼン、トリクロロベンゼ ンなど沸点200℃程度までの有機ハロゲン化合物
含酸素化合物 酢酸メチル、酢酸エチル、酢酸イソブチル、メチルエチルケトン、メチルイソブチルケトンなどC2~C8程度の アルコール、エーテル、ケトン、エステル類

 

キャニスタ-法による大気測定(大気汚染調査)分析例(標準9物質)

キャニスタ-法による分析例(標準9物質)

  • ①塩化ビニルモノマー
  • ②1,3-ブタジエン
  • ③アクリロニトリル
  • ④ジクロロメタン
  • ⑤クロロホルム
  • ⑥1,2-ジクロロエタン
  • ⑦ベンゼン
  • ⑧トリクロロエチレン
  • ⑨テトラクロロエチレン

 

金属類

Ni、Mn、Be、Cr、As等の金属類は、ICP質量分析法で対応します。

試料採取装置
試料採取装置 柴田科学器械工業(株)製 
HVC-1000(シェルター付き)
ICP質量分析装置 アジレントテクノロジー社製 Agilent 7500ce

 

ICP質量分析計
ICP質量分析計

アルデヒド類

ホルムアルデヒド、アセトアルデヒドの分析は、高速液体クロマトグラフ(HPLC)またはGC/FTD法で対応します 。この測定法で同時に悪臭物質であるプロピオンアルデヒド等他のアルデヒド類も測定可能です。お気軽にご相談 ください。

試料採取装置
試料採取装置 柴田科学器械工業(株)製 
HVC-1000(シェルター付き)
ICP質量分析装置 アジレントテクノロジー社製 Agilent 7500ce

 

アルデヒド類分析例(標準物質)

HPLC法による分析例

gc/fto法による分析例

関連リンク

環境省:大気汚染防止法の概要

大気測定/大気汚染調査 お問合せ
大気測定費用のお見積もりや大気汚染調査のご依頼はこちらの各事業所までお問合せ下さい