Eurofins Japan >> 環境分析 >> クリプトスポリジウム

クリプトスポリジウム検査

Sidebar Image

人やほ乳類の腸管に寄生する原虫、クリプトスポリジウム・パルブム(C.parvum)の判別には高度な技術と熟練 が必要です。ユーロフィンは、高度な技術力を駆使し、先進機器により クリプトスポリジウム 検査(測定・分析)を実施します。そして水質汚染の実態を把握し、今後の対応について総合的に取り組 みます。

安全な水を守るために

汚染された水に存在する原虫、クリプトスポリジウムによって感染するクリプトスポリジウム症は、激しい水 様下痢を主徴とします。最近では、水道水によるクリプトスポリジウム症の集団発生が世界的な問題としてクロー ズアップされています。厚生省もこれに対して平成8年10月に通達を出し、「浄水場での対応」「浄水処理の徹底 」「水道水非汚染の確認」を求め、異常時の処置についても厳しい規定を設けています。このような時代の要請を 受け、ユーロフィンでは、これまで培ってきた検査・分析測定技術を駆使し、クリプトスポリジウム検査による実態把握 や今後の対応方針について提案します。

クリプトスポリジウムとは
  • 原虫類の虫の胞子虫鋼真コクシジウム目に属する直径4~7μmの非常に小さな原虫です。
  • 人間や牛などの哺乳類動物の小腸に寄生します。犬や猫も含まれます。
  • 食べ物や水で経口感染します。
  • 一般に処理前の生下水にはクリプトスポリジウムの原虫が含まれているといわれます。
  • 感染後2~5日で発症。激しい水様下痢などを引き起こします。
なぜ水道水で問題になるのか?

水道では原水を取水するために河川、池、井戸などの水源がありますが、その上流に下水処理場や家畜の飼育 施設等の糞便処理施設排出源がある場合には、汚染の可能性があります。
クリプトスポリジウムは表面が固 い殻でおおわれているために塩素殺菌では死なず、感染力もなかなか低下しません。
径が約5μmと小さい ために、簡単な砂ろ過処理は通過してしまいます。
数十個の原虫で発症し、非常に強い感染力をもつため、 完全な処理が必要とされます。

クリプトスポリジウム・パルブムのオーシスト
・クリプトスポリジウム・パルブムのオーシスト

・直径4.5-5.5μmの類円形。バナナ状のスポロゾイト4個と、
 液胞と顆粒からなる残体1個が包蔵されます。  
 
 

クリプトスポリジウム検査の流れ

クリプトスポリジウム検査の分析フロー図

弊社では、高度な技術でクリプトスポリジウム・O-157・一般細菌の検査・測定・分析を行っ ています。

内部写真
 
染色写真
▲クリプトスポリジウムオーシスト。
内部にスポロゾイトが確認できます。
 
▲間接蛍光抗体により青リンゴ色に染色されたクリプトスポリジウムオーシスト(上)とジアル ジアシスト(左下)。
クリプトスポリジウム検査 お問合せ
クリプトスポリジウム検査費用のお見積もりや ご依頼はこちらの各事業所までお問合せ下さい