Eurofins Japan >> 環境コンサル >> 緑地整備計画策定支援

緑地整備計画策定支援

Sidebar Image
生物多様性に配慮した公園・緑地整備計画策定支援

ユーロフィンでは、生物多様性に配慮した公園・緑地整備・開発計画などに関わる基礎調査から計画策定支援まで、一貫したサービスをご提供しています。

地球のいのち、つないでいこう 生物多様性

当社の特徴
資料調査、現地調査、保全提案、整備計画策定支援など幅広い業務の実績があります。
対外的な説明資料作成、NPO等関係者とのコミュニケーション活動等を支援しています。
環境アセスメント業務において、生物に配慮した緑地整備の計画策定支援をしています。
 
お見積もり無料 ! お気軽にお問合せください。
 
「生物多様性基本法」(2008年)により、私たちが多くの恩恵を受けている豊かな生物多様性を守るために、国、地方公共団体、事業者、市民・NGOがそれぞれの責務を果たし、努力・協力していくべきことが示されました。
弊社では、培ってきた自然環境調査・コンサルティングの知識・経験を生かし、生物多様性向上の取り組みを行う団体・企業様向けのサポートサービスを提供しています。

 

業務事例のご紹介

当社では公園等の整備段階から維持管理段階まで、自然環境に配慮した事業計画策定のための支援業務を行っています。また、環境アセスメントにおいて都市開発や工場緑化等の緑地整備の支援も行っています。

公園計画における生物多様性への配慮

横浜市内における公園整備に際して、動植物の生息、生育状況を調査し、保全策の提案を行いました。現況の自然が残る公園計画を策定するため、絶滅危惧種、大径木、希少な地形などに注目し、残存する自然環境を活かした公園計画提案を行いました。また、有識者を含む関係者会議に出席し、説明資料の作成、調査報告を行いました。

生物多様性と人のかかわり図
開発地区のゾーニング例

都市公園の維持管理における生物多様性への配慮

市民の環境活動等の拠点となっている神奈川県内の都市公園整備に際して、多様な生物の生息、生育地の保全および池の水質改善のため、池及びその周辺環境を調査し、特に公園内及びその周辺に生息・生育する動植物に配慮した水環境改善方策の検討、提案を行いました。
調査の企画立案、現地調査、再生策立案及び当該公園の維持管理の主体である複数の自保護ボランティア団体の定例会議への出席、資料作成、調査報告を行い、改善策の合意形成を行いました。

トラスト地整備計画における生物多様性への配慮慮

埼玉県内において、自然環境の良好な保全にあわせ適正な用地の活用を図っていくための保全整備基本構想を作成しました。この地区は、昔ながらの田園風景を残しており、江戸時代の新田開発の名残りをとどめる田堀や、クヌギ並木、ヨシ原等の貴重な自然や歴史的資源が点在している地域にあります。トラスト地の整備計画の策定にあたっては自治体や地元活動団体の方の意向を取り入れ、自然環境の保全、環境教育、農耕文化の保全と学習の場などいくつかの整備目標と具体的な整備計画を提案しました。

生物多様性 関連リンク

環境省:自然環境・生物多様性(自然環境局)
環境省:生物多様性センター
財)日本経団連:生物多様性宣言

お問合せ
公園・緑地整備計画策定支援費用のお見積もりやご依頼はこちらの各事業所までお問合せ下さい。