Eurofins Japan >> 環境コンサル >> 生活環境影響調査

生活環境影響調査

Sidebar Image
廃棄物の処理及び清掃に関する法律の生活環境影響調査

ユーロフィンは廃棄物処理施設の許可申請に必要な生活環境影響調査業務を行っています。

生活環境影響調査とは周辺への環境影響を施設の許可申請時に予測・評価し、必要に応じて環境保全のための対策を行うことで、許可を要するすべての廃棄物処理施設について義務付けられるものです。

廃棄物処理施設 生活環境影響調査指針

生活環境影響調査は、「廃棄物処理施設生活環境影響調査指針」(環境省)に基づき調査を行います。

「廃棄物処理施設生活環境影響調査指針」(環境省)に示される標準的な生活環境の項目は、大気環境(大気質、騒音、振動、悪臭)及び水環境(水質)です。
当社では、このような調査の他関連する環境面の手続き等のサービスを一貫してご提供しています。

法に定める行政の手続きについて

法に定める手続きは下記のとおりですが、事業の内容や自治体により制度が異なります。

*印の手続きは最終処分場及び焼却施設が対象となります。

生活環境影響 調査の流れ

調査事項の整理→調査対象地域の設定→現状の把握→予測→影響の分析→生活環境影響調査書の作成


当社の特徴
  • 調査、予測、影響分析、説明会の開催、審査会の対応等を一括して行えるので安心です。
    • トータルコストが削減できます。
    • 早期からの事業リスクが減少します。
  • 地形や建物を考慮した複雑な予測計算が可能です。
    • 当社独自のソフトを使用していますので様々な条件下での計算が可能です。
  • 生活環境影響調査に関しての経験が豊富です。
    • 公共事業から民間の産業廃棄物業者、自己焼却までの経験があります。
    • この分野での実績豊富なスタッフが対応するので安心です
生活環境影響調査
生活環境影響調査費用お見積もりやご依頼はこちらの各事業所までお問合せ下さい。