Eurofins Japan >> 環境コンサル >> 環境シミュレーション

環境シミュレーション業務

Sidebar Image

ユーロフィンは大気質、悪臭、騒音、振動等の環境シミュレーションに関する業務を承っています。

大気質・悪臭シミュレーション
工場写真(工場・事業所)
大気質については、従来からの「窒素酸化物総量規制マニュアル」に示すプルーム・パフモデルに加え、建物影響を考慮した METI-LISモデル(経済産業省)を用いた計算を行います。年平均値、1時間値、日平均値の計算が可能です。また、逆転層、ダウンウオッシュ等の特殊条件下での予測を行うことができます。
悪臭については、悪臭防止法臭気指数2号規制の計算に用いられる「においシミュレータ」を用いた計算等をご提供できます。大気質・悪臭の予測に必要となる気象条件等については、 地上・高層気象観測等のサービスもご提供しています。
また、施設改善のためのご提案も行っています。

(道 路)
「道路環境影響評価の技術手法」や「窒素酸化物総量規制マニュアル」等を用いて、道路事業に係る予測を行います。

※ 米国環境保護庁(EPA)が推奨モデルによる予測も承っています。
騒音・振動シミュレーション
地図 (工場・事業所)
騒音・振動発生施設による影響については、伝搬理論式を用いて計算を行います。また、特殊な発生源や既存施設内に新たな施設を設置する場合等は、現地での測定結果を踏まえた予測も行っています。また、 苦情対応としての現地調査や理論計算等の資料作成、対策のご提案も行っています。
 
 
(道 路)
道路交通騒音による影響は、環境省の「面的評価支援システム」、「ASJ Model2008 」等を用いたサービスを提供しています。
道路交通振動による影響は、「道路環境影響評価の技術手法」などを用いて予測を行います。
※騒音については工場騒音、道路交通騒音の他、航空機騒音や大規模野外コンサート等の騒音対策も取扱っています。
日影シミュレーション

時刻別日影図 天空写真 既存建築物や計画建築物による日影の影響について時刻別日影図、等時間日影図等の作成を行っています。また、特定地点における日影の状況を把握したり、計画建築物による影響を予測するため、天空写真を用いた予測や現地踏査による確認も実施しています。

景観シミュレーション

フォトモンタージュを作成することにより、主要な眺望地点からの眺望の変化の状況を予測したり、圧迫感の検討を行っています。また、計画建築物が視認可能な範囲または不可能な範囲(可視・不可視領域)についても地形情報等に基づき分析・判定することができます。可視・不可視領域判定により効率的に調査地点の選定を行うことができます。

環境シミュレーションの流れ

時刻別日影図


当社の特徴

当社は多くの環境シミュレーションの業務実績があり、各種事業の内容に合わせて環境影響評価に係る調査、予測手法等をご提案することができます。

環境シミュレーション お問合せ
環境シミュレーション費用のお見積もりやご依頼はこちらの各事業所までお問合せ下さい。