Eurofins Japan >> 環境コンサル >> コンサート等の騒音対策

大規模コンサート等の騒音対策及び騒音測定

Sidebar Image
大規模コンサート等の騒音対策

競技用施設等における大規模野外コンサート開催に伴い、多くの苦情が発生することがあります。当社では10年以上にわたり、競技場等の施設で実施される 野外コンサート等の騒音対策に携わっており、これまでの経験を踏まえた対策及びモニタリング(騒音測定等)のご提案サービスを提供しています。主催者、管理者、周辺地域の方々の間のコミュニケーションのお手伝いもさせていただいており、様々な手法を組み合わせ、騒音問題への取り組みを支援しています。

環境対策及びモニタリングの手順

これまで、概ね以下の手順で騒音対策立案、実施の支援をさせていただいています。環境対策や騒音測定などモニタリングの手法は施設や周辺の状況によりますので、施設毎に検討させていただいています。モニタリングの結果、追加の騒音対策が必要な場合には、再度環境対策の検討に戻る以下のフローにより業務を実施しています。

事前調査
(地域特性の把握、施設特性の把握、法規制調査・騒音測定)
↓
環境対策(騒音発生源対策、周辺対策等)の検討



↓
騒音測定などのモニタリング実施
コンサート等の騒音測定 主要実績

■ 国立霞ヶ丘競技場(2005年~)

■ 日産スタジアム(旧横浜国際総合競技場)(2004年~)

■ その他、小規模施設等(2001年~)

コンサート騒音対策 お問合せ
コンサート等の騒音対策に関する費用のお見積もりやご依頼はこちらの各事業所までお問合せ下さい。